【2/1から大阪市で瓦礫が燃やされます!】

大阪市は2013年2月1日から約1年間毎日放射能やアスベスト、ヒ素、六価クロムに汚染された瓦礫を燃やしています。今話題になっている中国からの汚染物質と同じPM2.5も焼却場の煙突から出ています!

クリックで拡大(パソコン版表示のみ)